美白は年中

私の肌は白いのですが、日に焼けるとすぐにシミやホクロができてしまいます。
なので、美白化粧品を年中使って、シミやホクロをこれ以上作らない努力をしています。

20代前半の頃、シミやホクロなんてなくならない、と美白化粧品を使うのをやめていた時期があったのですが、20代後半からは真剣に取り組むようになりました。
美白化粧品を使うにあたって、過度な期待をしないようにしています。

  • シミやホクロはなくならない
  • シミやホクロができにくくなる
  • できてしまったシミが濃くならない

この3点を踏まえて美白化粧品を選ぶようにしているのです。

やはり美白化粧品の中でも1番効果が実感できるのは、美容液です。
美容液は、少し高くても気に入ったものを買う事にしています。

bihaku-nen

また、1つのメーカーだけに絞らずに、いくつかのメーカーの美容液を常備し、気分や肌の状態に合わせてその日の美容液を選ぶようにしています。
そうする事で、それぞれの美容液の効果がよりわかりやすくなります。

美白化粧品は、肌に刺激があったり、その他の化粧品に比べ乾燥しやすいものが多いので、その点にも注意して選ぶ必要があります。
私が気に入って使っている美容液のひとつは、美白効果があるものの、肌が潤う効果もあるのでここ数年、少し値段が高価ですがリピートして購入しています。
肌が潤っていると、乾燥肌より肌色が明るく見えるからです。

そして、肌が潤っていると肌の奥まで紫外線が浸透しにくくなり、新たなシミができるのを防止できるからです。
また、美白化粧品は朝に塗ると余計日に焼けると聞いたので、化粧水や乳液は美白のものを使っても美容液は夜だけ使うようにしています。

敏感肌には無添加の化粧品を使いましょう

私はそれほど極端な敏感肌というわけではないのですが、若いころに、いろいろと化粧品を塗ったところ、かぶれてしまったことがあります。

その時はファウンデーションにかぶれたのだと思いますが、化粧品アドバイザーに言われるままに、いろいろな化粧品を購入して全部つけてみたりしたせいでしょう。

それまで化粧品を使ったことがなかったので、やり方もよく分からないし、ついつけすぎになってしまったのでした。それで、ある程度敏感肌であることが分かったので、その後の化粧品については気をつけて選ぶようになりました。それから、薄化粧、ナチュラルメイクを心がけるようになりました。たくさん付け過ぎると、お肌に刺激を与えてしまいます。

bina

使う化粧品も、できるだけお肌に刺激がなくて優しいもの、ナチュラルな素材で、化学成分などが入っていないようなものを選ぶようにしています。敏感肌用の化粧品であれば、安心して使えるのでいいですね。添加物などが入っていない、自然素材の化粧品を使うようにしているので、たとえば無印良品の化粧品などを基礎化粧品として使っています。無印良品の化粧品は自然素材なので安心して使うことができますね。

ほとんどの女性は年齢と共に肌の水分保有量は減少していくので、30代は乾燥肌、敏感肌になりやすいです。敏感肌・乾燥肌は肌のバリア機能も低下しているので、紫外線などの外部刺激(紫外線)に弱く、過剰なメラニンを生成してしまいます。
参考:美白化粧品ランキング

そして、メイクもBBクリームなどで、できるだけナチュラルメイクにしています。あれこれ塗りたくると、敏感肌だとすぐにかぶれてしまうので、気をつけないといけません。敏感肌にも使えるような、お肌に優しい化粧品だけを使って、薄く塗るようにすれば、お肌のトラブルもなく、調子がいいです。

顔のくすみ

若いころは、「くすみって何のことだろう」と思っていました。

それが、最近では、これがくすみか、と実感できるだけでなく大きな悩みになる程になってしまいました。

若いころから太陽の下で遊ぶのが好きで、日焼けしても保湿しておけばいいんでしょ、くらいに思っていたのですが、そうはいかないようです。

いまさらはじめても遅いのかなとも思いましたが、どうしてもくすみが気になって仕方ないので、美白化粧品を使い始めました。

実際に美白化粧品を使用してみて、すぐにシミが消えるなどの効果はまだ実感できませんが、くすみは軽減して透明感が出てきた感じがします。わたしが使用している美白化粧品は保湿効果もありつつべたつかず、使用していて心地よいです。

avyavy

このまま気長に美白化粧品を使用し続けて、シミが消えたら嬉しいな、と思っていますが、やはり美白化粧品をしようするだけでなく、日ごろの紫外線対策も大事なのかなと思います。

紫外線のダメージは肌に蓄積するといいますので、たくさん日焼けした私の肌はきっとたくさんのダメージを受けてしまっているはず。

悪あがきなのかもしれませんが、絶対に使用しないよりは良いと思うので、これからも美白化粧品を使い続けたいです。

PR7サイト集 RANKERS
医師転職

しみ・くすみ対策はこちら|人気の美白化粧品ランキング トップッページへ

ニキビ跡のしみ

シミやニキビ跡などは、「炎症性色素沈着」と呼ばれています。

この色素沈着には、紫色っぽくなる場合と、茶色っぽくなる場合の二種類あります。

あなたのニキビ跡はどちらでしょうか?

まず、紫色になったという方は、ヘモグロビンの影響です。

毛細血管を流れる血の中にはヘモグロビンという赤い物質があります。

炎症によってこの毛細血管が切れて、ヘモグロビンが肌に残ってしまった状態がこの紫色の場合です。

そして茶色になってしまったという方は、メラニンの影響です。

ニキビなどで肌が刺激を受けてしまい、その部分のメラニンの生成が活発になって肌へ表れてしまった状態がこの茶色の場合です。

ニキビの後に出来てしまったこのようなシミは、無くなるまでに1カ月以上かかることもしばしばあります。

炎症によってできたキズや色素沈着なので、すぐには治らないのです。

でも、そのまま放っておくといつまでも残るシミになってしまうかもしれません。

ではどうしたらこのしつこいシミやニキビ跡を消すことができるでしょうか。

ここで、こういったシミやニキビ跡に効く成分を二つご紹介します。

「ハイドロキノン」と「ビタミンC」です。

ハイドロキノンはシミを薄くしてたり消し去ってくれたりする成分としてとても有名ですね。

cagvauv

メラニン色素を薄くしてくれる成分の中ではハイドロキノンに並ぶものはないとされています。

そしてビタミンCには抗酸化作用があることは皆さんご存知かと思います。

さらに、コラーゲンの生成を助けて、つるつるな肌にするために肌の中から綺麗にしてくれる効果もあるとされています。

ニキビ跡のシミがなかなか消えない理由に、肌の生まれ変わりがうまく機能していないことが挙げられていますので、これらの成分をうまく取り入れている化粧品を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

このハイドロキノンで出来てしまったシミやニキビ跡を薄くして、ビタミンCでつるつるの綺麗な肌に整える。

そしてもう一つ、肌への浸透力もしっかり備わっているものを選んで使っていきましょう。せっかく良い成分でも、浸透しないと意味ないですものね。

肌の生まれ変わりは通常一か月以上かかるので、新しい化粧品を使ったら、最低でも一ヶ月以上は続けて使ってみてからその効果を判断しましょう。

しみ・くすみ対策はこちら|人気の美白化粧品ランキング トップッページへ

効果的な美白の方法

効果的な美白の方法

女性なら誰もが白く透き通るような美しい肌に憧れます。特に、年齢を追うごとに若い
頃には気にならなかった、シミやそばかすが目立つようになり、肌全体がくすんだ雰囲
気になりがちです。

しかし、このような加齢による肌の老化も原因を知って、その原因を取り除くことで、以前の様な透明感やハリのある肌本来の状態へ導くことができるのです。

美白を妨げる原因としては、ストレスや喫煙、野菜不足など生活習慣からくるものや血行不良やホルモンバランスの乱れ、皮脂の過剰分泌など体調・体質によるものなど様々なものが考えられます。

この中の1つでも当てはまるものがあれば、それだけで美白を目指す壁となってしまいます。
しかし、その反面、原因さえ分かればそれに合った対策をとることで肌の状態をよくすることもできるのです。

こういった日常的な原因を改善していくと同時に、化粧品による毎日のお手入れで肌に直接アプローチすることもとても大切になります。

化粧品にも様々なものがありますが、特に美白を主な目的として作られたものを使うことで、より効果的に美白を進めていくことができます。

美白成分としてよく知られているのがビタミンC誘導体ですが、

ccah

他にもアルブチン・エラグ酸・ルミノール・プラセンタエキス・トラネキサム酸・リノール酸・カモミラET・t-AMCHAの9種類は美白有効成分として厚生労働省に認められています。その他にも、ハイドロキノンやコウジ酸などの高い美肌効果のあるものもあり、それぞれの種類によって即効性のあるものや、肌に優しいものなど特徴があります。

また、これらの美肌成分の中には、野菜などの食物に含まれていたり、サプリメントとして市販されているものもあります。
それらをうまく利用し、体の内側と外側両面からケアをしていくとより効果的です。

ところで、シミ対策で大切なことは、メラニン色素の生成を抑えることと、できてしまったメラニン色素を薄くすることです。メラニン色素は、チロシンというアミノ酸とチロナーゼという酵素が合わさりできるため、ビタミンC誘導体などその働きを阻害するような美肌成分を含んだ化粧品を使うことで、メラニン色素の生成を抑えることができるのです。

最近では、ビタミンC誘導体以外にもハイドロキノンやコウジ酸などを使った美白化粧品の人気が高まっています。しかし、中にはハイドロキノンのように非常に強い美白効果がある反面、刺激が強すぎてしまい肌を傷めたり、色素が抜けすぎてしまう恐れのあるものもあります。

自分の肌質を考えビタミンC誘導体などの低刺激で肌に優しいものを選び、長期的に美白を目指していくという気持ちが大切なのではないでしょうか。

しみ・くすみ対策はこちら|人気の美白化粧品ランキング トップッページへ

透き通る美肌を作る美白化粧品

美白化粧品は数多くでていますが、なんとなく白くなったような気がするという感じなものが多いような気がします。

 

美白化粧品は確かに効果があるものもありますが、それだけでなく やはり内側からのアプローチがあればより効果を感じる事ができると思います。 シミそばかすに効く美白用のサプリメント または、ビタミンCを取る事をお勧めします。

cfacac

美白化粧品を使いつつ サプリメントを摂取する事で、より早く効果を感じられるのではないでしょうか。 また、美白化粧品を使っているからといって安心するのではなく一番大事なの紫外線予防をちゃんとする事です。

 

外出するときは必ず日焼け止めをぬる事です。 紫外線対策を怠ると美白どころかシミやシワを作ってしまいます。 また、紫外線を多く浴び過ぎてしまったなどの場合は、まず、肌を鎮静させて パックをしたり美白ケアをしてあげる事が大事です。

 

最近では塗る日焼け止めじゃなく 飲む日焼け止めというのもあるので 日焼け対策を万全にしたい人や 日焼け止めをこまめに塗るのがめんどくさい 忘れてしまうという人にはおすすめです。

 

また、美白化粧品を使用すると乾燥する事もあると思うので 保湿もちゃんとしてあげる事も大切です。

 

しみ・くすみ対策はこちら|人気の美白化粧品ランキング トップッページへ